利用案内

利用形態について

利用相談
利用に関する問い合わせや相談
技術相談
利用者からの相談に専門家として応える技術コンサルタントとしての支援
技術代行
支援者が利用者に代行して設備を操作する技術支援
技術補助
支援者が補助し、操作方法を指導しながら、利用者が機器を操作する技術支援
装置利用
利用者が自立して、自ら機器を操作する技術支援
共同研究
利用者と支援者が共同で実施する成果公開型研究
(民間企業等との成果非公開型共同研究へ移行した場合、自主事業とする)

成果の公開について

協議の上、業務支援を実施された場合、本事業プログラム上、成果を公開することが前提となっています。申請に係る研究課題の研究が終了したとき、又は、年度末には、利用報告書(A4フォーマット一枚のもの)を作成いただきます。

何らかの理由で成果公開を見合わせる必要がある場合には、実施した年度末での提出を猶予することが可能です(最大二年間まで)。

論文等における謝辞の明記について

本事業を利用した成果報告( 論文等) では、下記のような謝辞を付記されるようお願いいたします。

[和文]

本研究の一部は文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業( 分子・物質合成) の支援により○○大学で実施された。

[英文]

A part of this work was conducted in ○○○○, supported by Nanotechnology Platform Program (Molecule and Material Synthesis) of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Japan.
This work was partly supported by Nanotechnology Platform Program (Molecule and Material Synthesis) of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Japan.

料金

※現在の利用料金の詳細は、下記ダウンロード(装置利用単価一覧)からご確認いただけます。