世界最高性能の機器を含めた設備で、多岐にわたる合成・分析を支援します。

当事業について

名古屋大学「分子・物質合成プラットフォーム」事業では、ナノテクノロジーに関わる最先端の研究設備とその活用のノウハウを有する機関が緊密に連携して全国的なナノテクノロジーの研究基盤(プラットフォーム)を構築することにより、産学官の多様の利用者による共同利用を促進し、個々の利用者に対して問題解決への最短アプローチを提供するとともに、産学官連携や異分野融合を推進することを目的としています。

東海地方から全国に向け、産学官の研究推進支援の増強を図るため「名古屋大学設備サポートセンター(仮称)」を新設予定し、このセンターにおいて、従来の教育研究支援業務を拡充するとともに、産業界の新たなニーズを発掘することに貢献し、様々な分野や地域からの異分野融合を加速するよう新規利用者開拓を進めております。

» 詳しい支援内容へ

カテゴリ別機器一覧

新着情報

2022.12.06
新しいサイトに引っ越しました
2021.12.21
nano tech 2022(1/26〜28)に出展します
2021.05.21
ナノテクノロジープラットフォーム愛知技術支援セミナーを開催します(6月11日)
2020.06.12
[WEBセミナー] 分子・物質合成プラットフォーム 共用装置と支援事例紹介、利用相談会を開催します
2020.01.10
nano tech 2020(1/29〜1/31)に出展します
2019.10.03
テクノ・フェア名大2019(10/19)に出展します
2019.10.01
利用料金が改訂されました。
2019.06.26
再生医療産業化展アカデミックフォーラムに出展します(2019/7/3〜5)
2019.06.26
ナノテクノロジープラットフォーム〜利用者・支援者交流会〜を開催します(2019/7/19)
2019.01.24
TECH Biz EXPO2019(H31年2月6日〜7日)に出展します
2019.01.24
nano tech 2019(1/30~2/1)に出展します

» アーカイブ

最新の支援実績

2021.12.20
「ヘテロ原子を含有する光感受性化合物の構造決定と抗がん光線力学療法への応用」支援課題が令和3年度秀でた利用成果に選定されました
所属:大阪府立大学、奈良女子大学、名古屋市立大、名古屋大
2020.02.03
名古屋大学医学系研究科を支援した成果(Near Infrared Photoimmunotherapy Targeting DLL3 For Small Cell Lung Cancer)に関する論文EBioMedicine (The Lancet姉妹紙)の内容が、名古屋大学大学院医学系研究科からプレスリリースされました。 小細胞肺がんを光で破壊  新たな近赤外高専免疫療法の応用
所属:名古屋大学大学院医学系研究科、名古屋大学未来社会創造機構、名古屋大学大学院工学研究科
2019.12.26
「生体鉱化作用を模倣したリン酸カルシウムと異種素材のナノ複合体の創製」がnanotech Japanのウェブマガジンに掲載されました
所属:所属:長岡技術科学大学、名古屋大学
2019.10.03
「ナノワイヤを用いた尿中細胞外小胞捕捉」がnanotech Japan のウェブマガジンに掲載されました
所属:九州大学、国立がん研究センター、名古屋大学

» アーカイブ